? 赤ちゃん犬用のドッグフード
おやつ

赤ちゃん犬用のドッグフード

赤ちゃん犬用のドッグフード、つまり生まれたての子犬用のドッグフードの特徴とはなんでしょうか。
今ではパッケージに年齢の表示がしてあり、それに従えば良いのでそこまで難しく考えることなく、該当する物を選ぶだけで適切な食事を与えることができます。
赤ちゃんの頃は口が小さく、通常の成犬用ドッグフードは口に入らないので、適した物を選択しないと赤ちゃんに負担をかけてしまいます。
また、少量でも栄養を多く取れるようにカロリーの高いものが多いです。

このように子犬用のドッグフードを購入する事で、赤ちゃんの犬にも同じように栄養を摂取してもらうことができます。
人間もそうですが、犬の赤ちゃんも同様に心配でいっぱいになると思うので、その心配をなくすためにもこの赤ちゃん犬用のドッグフードを購入すると良いでしょう。

成長期に相応しいドッグフード

ワンちゃんは0歳~4歳までが一番成長するには大事な時期で、この時に栄養が偏ってしまうと成長期にしっかりとした栄養がとれません。
人間でいう小学生頃の食事バランスが大切なように、犬にとってもこの成長期のドッグフードにはきちんと考慮する必要があります。
成長期だからといって沢山ドッグフードを与えるのではなく、栄養をバランス良く与える必要があります。
そのためには「子犬用」もしくは「成長期用」と書かれたドッグフードを選ぶと良いでしょう。
きちんとした栄養バランスが施されており、決められた量を与えれば基本的に栄養過不足になることはありません。
しかし、運動不足だったり、逆によく動く犬であればドッグフードの量も見直す必要があります。
愛犬の適正な体重を把握しておき、定期的に健康診断を受けさせてあげましょう。
そうすることでドッグフードの適正量もわかりますから、愛犬に合ったフードを与えやすくなります。

このページの先頭へ