? ドッグフードの原材料と安全性について
おやつ

ドッグフードの原材料と安全性について

ドッグフードは日本で製造されているものから、海外から輸入されているものまで様々あります。
値段が安いからと購入してしまうと、人が食べれない原材料である4Dを使用してあることが多いのです。
4Dドッグフードとは、死んでいる家畜の肉や病気を持っている肉や負傷した肉などを使用してあるフードです。
粗悪な原材料を使用してある可能性が高く、値段が安いからとそちらを購入してしまうと、愛犬の健康にダメージを与えてしまう可能性があるのです。

ドッグフードが安いという事は、生産する側もコストを落として生産しているので、品質の悪いドッグフードである可能性があるのです。
安全面も考えて購入となると、多少値段がはっても栄養食としてきちんとした原材料を選ばないといけません。
ドッグフードを選ぶ時まずは値段が平均的なものを探し、そこから1つずつ原材料を確認することが良いでしょう。

http://animal-dog.com/d01-01-001.htmlにも書いてありますが、うまい宣伝文句につられるのではなく、含まれている原材料をしっかりと確認してから購入するようにしてください。
愛犬の健康を守れるのは飼い主であるあなたです。
      

ドッグフードの価格と審査機関

ドッグフードは海外物も輸入されているので、商品の数は数えきれないくらいあります。
商品が多すぎるため、
「どれが良くてどれが悪いのかがわからない...」
「購入する時に悩んでしまう...」
という飼い主さんも多く見かけます。

原材料は価格で違ってくるのですが、高ければ高いほどドッグフードにかける費用が増えるので、良い原材料を使用してある確率が高く、安全なドッグフードを選びたいと思っている方には、値段が高い物を選ぶと間違いないでしょう。

ですが、値段が高い物の中には広告宣伝費などによってドッグフードの値段が高くなっているという物もあるので、一概に値段が高いという事が安全だという保証はできません。
安全性をしっかり把握して購入したい場合は、きちんと公的機関で審査されているドッグフードを選ぶ事をお勧めします。
この審査を通過しているという事は、食の安全性を確保しているので安心して愛犬の食べさせる事ができます。
必然的に価格も上がるかもしれませんが、自分で成分の安全性を判断する必要がなくなるのです。
このようにドッグフードは食の安全性を保証してくれる検査を通過している物を選ぶ事で、愛犬にも安心して食べさせる事ができます。
ドッグフードは食の安全を保障してくれる審査を合格している物を選ぶ事をお勧めします。

このページの先頭へ