? ドッグフードの保存方法
おやつ

ドッグフードの保存方法

ドッグフードを買いだめしても、保存方法を間違えると品質が落ちてしまいます。
実際に食べるワンちゃんが「まずい」とは言えないにしても、安全面を考えて保存方法には気を配るべきです。
そうならならないためにも、ドッグフードの保存方法をしっかり学んでおきましょう。

ドッグフードで一番怖いのは、開封した後に湿気が中にたまってしまう事です。
湿気がたまってしまうと、ドッグフードにカビが生えてしまう可能性があるので密閉しなければなりません。
密閉容器を用意するのが最善ですが、もともと個包装になっているタイプのドッグフードを購入するのも良いでしょう。
ウェットタイプのドッグフードは、冷蔵庫で保存するにしても1日で使いきりましょう。
缶詰専用のキャップを購入しておけば楽に保存することができます。
長期に渡り保存を考えている方は冷凍することもおすすめです。

冷凍ドッグフードで長期保存

特に食べざかりのワンちゃんが沢山いると、買い足すタイミングが早くなり買いだめしないと対応が追い付かないことが多々あります。
買いだめしてもそのまま放置しておくわけにもいかないので、注目されているのが冷凍保存です。
冷凍保存はドライフードでもウェットフードでも、はたまた手作りフードでもすることができます。
冷凍庫対応の容器に個分けにして冷蔵庫に入れるだけですが、ひとつだけ注意することがあります。
それはワンちゃんに提供する際に行う解凍です。
急いでいると電子レンジを使う人も多いと思いますが、大切な風味が飛んでいってしまいます。

食べさせる半日前から冷蔵庫に移しておくのが正解です。
食べる直前に数秒温めれば問題ありません。
便利な冷凍保存をいうまく活用して、愛犬には常においしい状態で食べさせてあげましょう。

このページの先頭へ