? 成犬用のドッグフードについて
おやつ

成犬用のドッグフードについて

ドッグフードは犬の年齢ごとに分けられている商品があります。
子犬期・成犬期・シニア期など大まかにだったり、それぞれの年齢に合わせて販売されています。
年齢別にすることで胃にかかる負担を減らし、ワンちゃんが消化不良を起こすことなく食べる事が出来るのです。
年齢に合わせてドッグフードが分かれているのは、ワンちゃんの年齢によって食べられるドッグフードの粒の大きさも関係があったりします。
ワンちゃんの年齢に合わせて粒の大きさや含まれている栄養素、カロリーを変えてあげることで、消化不良を起こすことなくしっかりと食べさせることが出来るのです。

たとえば1歳になる前の成長期の仔犬用のドッグフードはカロリーが高く栄養満点なのが特徴です。
この仔犬用を7歳以降の老犬にあげてしまうとカロリーが高すぎて肥満や病気の原因になってしまいます。
ワンちゃんたちの1歳の違いは人間でいうと6歳くらいの違いになるので、とても大きいことがお分かりいただけるでしょう。
愛犬の成長段階に合わせてドッグフードを変更していくことはとても大切なのです。

ワンちゃんの成長に合わせたドッグフードを選ぶ事は愛犬の健康にも繋がります。
年齢を把握してその年齢に合わせたドッグフードを選ぶ事は健康面でも大切です。
比較的丈夫で体調の安定している成犬であれば、「成犬用」と書かれた市販のフードで問題ありません。
食事と運動のバランスを考え、健康で長生きさせてあげましょう。

このページの先頭へ