? ドッグフードの詳細を知る
おやつ

ドッグフードの詳細を知る

昔のドッグフードといえば、日本では人間のご飯の余りを与える習慣が多く、今のように犬の餌は別という状態ではありませんでした。
人間と同じような物を食べていたで、今のようにドッグフードは存在していなかったのです。
そもそもこのドッグフードの発端はアメリカです。
第二次世界大戦前に犬用のビスケットを作成されたのが始まりなのですが、これを機に犬用の餌が開発され今に至るのです。
また、人間と同じ味付けをしたご飯はワンちゃんには塩分過剰です。
腎臓病や糖尿病を発生させてしまう可能性が非常に高くなるので、犬用のご飯をつくるきっかけになったという説もあります。

このような経緯を元に、今では長生きをするワンちゃんが多くなるなど、ドッグフードで健康的な生活を送ることができているのです。
ドッグフードはこのように歴史を通じてワンちゃんの健康も考えて作られており、大切な愛犬の生活をしっかりとサポートしています。

ドッグフードの購入先

ドッグフードは犬が好みそうな材料を混ぜてある物が多く販売されております。
中にはバーベキュー味・さつまいも味などの風味を工夫してあるものもあり、犬の食欲を掻き立てます。
しかし、おいしそうに食べるからといって成分表示などを確認せずに購入するのは考えものです。
たとえば愛犬の健康に悪いとされている悪い肉の4D(Dead、Diseased、Dying、Disabled)というとても人間も食べれないという原材料。
この4Dと呼ばれている原材料は、価格が安くなれば安くなるほど使用されている可能性が高いです。
ホームセンターで売られている激安の大袋フードにありがちです。
もちろん、大袋だから悪いのではなく、きちんと成分表示と値段を愛犬に与える前にしっかりと確認して選ぶ必要があるのです。

価格が安物の方が毎日に負担も減り飼い主としては凄く助かると思うのですが、価格が安い物を選んでしまってばかりしていると、愛犬の健康面の心配が増えてしまいます。
購入前にドッグフードの原材料をパッケージ上で把握して、安心できる物を選択して愛犬に与えるためにはある程度の知識が必要です。
こちらには質の良いドッグフードの特徴が載っています。
また、ペットショップやスーパーなどでは商品がたくさんあり過ぎて自分で選べないのであれば、あらかじめドッグフードのランキングサイトで上位の商品を調べておくと良いでしょう。
上位商品というのは多くの飼い主さんが愛犬に与えているので、安心できるドッグフードの可能性が高いのです。
現在は、ペットショップやスーパー、インターネットでも購入可能になっています。
ドッグフードの種類もとても多いため、実際に店頭に行ってみるとどれを選べばよいのかわからなくなってしまう方も多くいます。
なので、事前に質の良いドッグフードの見分け方を知っておきましょう。
行きつけの動物病院でおすすめのフードhttp://www.arimahp.jp/Treatment.htmlを聞くのも良い手段でしょう。

このページの先頭へ